スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな感じどう? 

中古部品ってどこまで清掃するのが正解なのか未だに分かりませ
ん。

擬似的にキズ付けました
コレはわざとキズ付けたフェンダーですが、全国検索するともっ
と酷いものもそのまま出てたりします。中には板金で補修不可能
なものまで出ています(笑)

写真の様な状態は清掃と言うか美化できるのでうちは美化します。
分かりやすいように
テープの右側を磨いてみます。

ツルっとしますね
綺麗になります。

二言目には「高い」とか言う人居ますが外しただけの部品を売って
る訳じゃないので、やはりそれなりにはなりますよ(;´д`)トホホ…
下手くそな板金修復あるパネルなんかを素人がダマ張ってヤフオク
に出品している価格と比べられてもねぇwとか言ってみます。よそ
はどうか分かりませんがうちのはモノが違います。

キレイダ
昔と違って機械も磨剤も良くなって、あの状態からココまでは一種
類のコンパウンドとウールバフだけ。一回磨いてもうちょっとだっ
たので、もう一回同じ組み合わせで磨いたらこうなります。バフ目
やオーロラマークも出てないでしょ?解体屋でも出来る時代です。
コレなら届いてそのまま使えそうでしょ?その手間が金額に計上さ
れてるんです。


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。